医療情報ビジネスコース

高度なコンピュータスキルと情報活用力を身につけ、医療現場を支える人材を育成。

コンピュータ技術や情報発信能力を含めた情報活用力はあらゆる分野に共通するスキルとなっています。 医療情報ビジネスコースでは、情報活用力を高め、医師や看護師、薬剤師などの医療従事者をサポートする医療事務職・医療秘書から企業の一般事務職まで幅広い分野で活躍する人材を育成します。

特徴のある科目紹介

医療秘書実務Ⅱ

医療秘書実務Ⅱ

医療秘書の役割を理解しその知識と技術を身につける

医療機関において求められる人材について理解し、そのための基礎的な能力を身につけます。受付対応や診療報酬請求、レセプトの作成などテーマ毎に演習を行います。

学びのポイント

  1. 一般事務職に共通する情報処理関連の知識・技能を身につけます。
  2. 医療事務や医療秘書など、医療分野に関する資格取得が可能です。
  3. 医療スタッフと連携を図るため、医学的な基礎知識も学びます。

卒業後の進路

  • IT関連企業
  • 一般企業
  • 医療事務
  • 医療秘書 など

取得可能資格

  • 情報処理士
  • ドクターズクラーク
  • メディカルクラーク
  • プレゼンテーション実務士
  • 医療管理秘書士
  • 日商PC検定
  • 日商簿記検定
  • 秘書検定
  • 医療秘書技能検定 など

先輩からのメッセージ

医療のことはもちろん、 一般的な事務知識も身につきます。

Fさん

現代コミュニケーション学科

医療情報ビジネスコース2年

Fさん(桐生市立商業高等学校出身)

医療事務に興味があり、専門のコースがある育短に入学しました。少人数ということもあり、学生同士仲がよく、先生との距離もとても近いです。医療事務は患者様と接する機会が多い仕事です。レセプトの書き方などはもちろん、ホスピタリティ精神を学ぶ授業で人とのコミュニケーションをより深く勉強できることも、このコースの魅力だと思います。2 年生は本格的に就職活動がスタートします。資格を一つでも多く取得し、先生方に相談をしながら、夢である医療事務になれるよう努力したいと思います。

ページトップへ戻る