スポーツ科学コース

身体のメカニズムと運動についての知識を習得して、人々のスポーツと健やかな生活を支える人材へ。

生涯スポーツや健康管理のためのスポーツについて、正しく安全な運動を指導できる人材が求められています。 本コースでは、身体のメカニズムとスポーツ指導の方法を学び、生涯スポーツの指導者となるために必要な知識と技術を習得します。

特徴のある科目紹介

スポーツ実技Ⅰ

スポーツ実技Ⅰ

トップレベルの指導者による実技指導

サッカー・バレーボールなどの球技を中心に、実技指導を行います。単なる技術トレーニングではなく、指導者・審判員になるための基礎知識も併せて学びます。

学びのポイント

  1. 身体の特性と運動の機能について、理論と実践でバランス良く学びます。
  2. インストラクターや競技指導者となるための各種資格の取得を目指します。
  3. 健康で快適な社会生活を送るために必要な知識を身につけます。

卒業後の進路

  • スポーツクラブ
  • フットネス産業
  • 4年制大学編入
  • 一般企業 など

取得可能資格

  • ジュニアスポーツ指導員 (公認指導者)
  • ピアヘルパー
  • スポーツリーダー
  • スポーツクラブインストラクター
  • 子ども身体運動発達指導士
  • スポーツクラブマネジャー
  • 中高老年期運動指導士 など

先輩からのメッセージ

自分の好きな”スポーツ”を これからも続けていきたいです。

Aさん

現代コミュニケーション学科

スポーツ科学コース2年

Aさん(共愛学園高等学校出身)

大好きなスポーツを続けたい思いと、子どもに関わる仕事がしたいという夢を両方叶えられるのが育短でした。スポーツジュニア演習は、今私が力を入れている授業の一つです。子どもたちにスポーツを指導する方法を学ぶのですが、大人と子ども、身体能力が違えば考え方も違います。難しい授業ではありますが、いかに子どもの目線で指導できるかを考えながら挑んでいます。育短は就職サポートもしっかりしているので、先生に相談しながら自分の夢を追い求めていきたいと思います。

ページトップへ戻る