育英大学とは

研究上の目的

 教育基本法及び学校教育法に基づき、学術の中心として、広く知識を授け、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を育成するとともに、「公正、純真、奉仕、友愛」の建学の精神に則り、豊かな人間性と深い専門性をもつ人材を養成し、教育研究を通して社会に貢献することを目的とする。幅広い教養基盤に支えられた主体的な判断力と行動力を有し、理論と実践に基づいて応用的に教育活動を展開できる人材の養成を目的とする。

教育理念と教育目標

 育英大学では、学術の中心として広く知識を授け、深く専門の学芸を教授研究史し、知的、道徳的及び応用的能力を育英するとともに、「公正、純真、奉仕、友愛」を建学の精神に則り、豊かな人間性と深い専門性をもつ人材を養成し、教育研究を通して社会に貢献します。教育学部では、「幅広い教養基盤に支えられた主体的な判断力と行動力を有し、理論と実績に基づいて応用的に教育活動を展開できる人材の養成」を目指します。

児童教育専攻

幼児教育・初等教育の両方を見渡せる本専攻ならではの強みを生かし、現代の教育現場に対応した教員の育成を目指します。

スポーツ教育専攻

スポーツ教育専攻では、学校教育の専門的な知識・技能を備え、運動やスポーツの楽しさを指導できる体育教員を養成します。

ページトップへ戻る