専攻紹介

児童教育専攻

児童教育専攻では、幼児期から児童期における教育に関する専門的な知識とその知識を統合的に理解し、応用することができる人材を養成します。

取得できる免許・資格

  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 小学校教諭一種免許状
  • 保育士
  • 認定心理士

児童教育専攻の特長

幼児・児童の特徴を理解し、外国語を教えることができる小学校教員の養成

小学校では幼稚園と連続性のある教育とともに、外国語を通じて言語や文化を理解して積極的にコミュニケーションを図る態度の育成が重要です。児童教育専攻は、小学校及び幼稚園教諭免許状を取得して幼小接続・連携を行うことができ、「英語Ⅰ・Ⅱ」「外国語活動」と英検準一級、TOEIC800点の取得を目指す講座を受講し外国語教育ができる小学校教員を養成します。

幼稚園・保育所・認定こども園で働くことができる幼稚園教員・保育士の養成

就学前の全ての子どもに教育・保育を一体的に提供し、地域における子育て支援の役割を担う認定こども園が増加しています。
児童教育専攻は、幼稚園教諭免許状と保育士資格を取得して、幼稚園・保育所に加え、幼稚園と保育所の両方の機能をあわせ持つ認定こども園においても、保育教諭として働くことができる幼稚園教員・保育士を養成します。

ページトップへ戻る