教育実習・保育実習

実践的な知識と技能を習得し、未来の自分を築く

実践的な知識と技能を習得し、未来の自分を築く

実践的な能力が身に付くだけでなく、保育者としての未来の自分の姿をイメージできる格好の機会でとなります。最初は誰もが不安になりますが、現場経験が豊富な教授陣が、実習前から実習中、さらに実習後まできめ細かなサポートを行いますので、安心して実習に臨むことができます。

実習スケジュール

  • 1年次11月

    幼稚園教育実習(観察)(2週間)
    幼稚園の実際の現場で年齢ごとの幼児の様子や活動の様子等を観察しながら、指導内容や方法について幼稚園教育の基本を理解します。
  • 1年次2月/3月

    保育実習 (保育所及び施設)(各11日間)
    実習先の保育計画に基づく観察・参加実習を経験、また心身に障害を持った児童の施設や乳児院、児童養護施設での実習を行います。
  • 2年次5月~6月

    幼稚園教育実習 (責任)(2週間)
    実習先の教育計画に基づく指導内容を実践し、カリキュラムや教材についての指導を受けながら、指導計画を立案し・責任実習を行います。
  • 2年次8月~9月

    保育実習 (保育所または施設)(11日間)
    1年次の保育実習での経験を踏まえて、自己課題を明確にしながら、保育所または施設において更に実践的な実習を行い、保育士として必要な資質・能力・技能等を養います。

実習支援

実習対策室が事前の指導から実習中のフォローまで、実習への不安を解消します。

教育・実習サポート室が事前の指導から実習中のフォローまで、実習への不安を解消します。

幼稚園教育実習、保育実習、施設実習の計5回におよぶ実習は、単に免許・資格を取得するためだけでなく、現場での学びを得るための重要な体験になります。本学では実習対策室を設け、事前指導の段階から万全の態勢を整えています。また実習中は保育学科教員が全ての実習先を巡回し学生一人ひとりに声がけを行うなど、不安を解消し現場での学びがスムーズにいくようサポートしています。

ページトップへ戻る