在学生・卒業生の声

在学生の声

親子二代で育短出身。 母のような保育者に、私もなりたい。

Iさん

保育学科2年

Iさん(群馬県立伊勢崎高等学校出身)

保育者である母の姿に憧れを持ち、私も保育者になると幼い頃から決めていました。母も育短出身だったこともあり迷わず入学。同じ夢を持つ友達と、なんでも質問できるやさしい先生方と共に和気あいあいと過ごしています。育短では実践に役立つ授業が多く、音楽表現
の授業で教わった歌や手遊びを保育実習でやってみたところ、子どもたちがとても喜んでくれました。子どもたちへの声かけの方法や日誌の書き方など、まだまだ勉強することは多いですが、私も母のように「自分も先生のようになりたい!」と子どもたちに言ってもらえるような保育者になれるようがんばりたいと思います。

保育者のやりがいを授業で再確認。 子どもたち、保護者の方から信頼される先生へ。

Hさん

保育学科2年

Hさん(足利短期大学附属高等学校出身)

私が小学生の頃、幼い従兄弟の世話をした経験がきっかけで、将来は保育者になろうと決意しました。育短は就職率100%、先生との距離も近く、とても明るい学校です。ただ楽しいだけでなく、保育のプロである先生方の授業からは毎回発見が多く、「保育者が子どもたちの将来を決める」という話を聞いた時は衝撃が走り、保育者のやりがいを再確認できました。保育実習では、授業で勉強した内容を思い出しながら子どもたちと接しました。最初は戸惑っていた子どもたちも、少しずつ「先生」と呼んでくれるようになってうれしかったです。将来は、子どもたちから好かれることはもちろん、保護者の方からも信頼され、この先生なら安心と思っていただけるような保育者になりたいです。

卒業生の声

一番うれしいことは、子どもたちの成長を実感できること。

Tさん

とりやまこども園勤務

平成26年度 保育学科卒業

Tさん(桐生市立商業高等学校出身)

明るい雰囲気に誘われて育短に入学しました。今私が職場でしていることのすべては、育短で習ったことが基礎となっています。当時先生から教えてもらった絵本を読み聞かせしたり、手遊びもたくさん覚えることができたので、子どもたちの笑顔が絶えることがありません。実践に近い授業が受けられる育短で本当によかったです。保育士を志した時から、「どんな先生になりたいか」との問いに、すぐ答えられるような先生になりたいと考えていました。その答えは今でも探しているので、子どもたちの笑顔と成長に触れながら、少しずつ見つけていこうと思います。

子どもたちの笑顔を見ることが保育者としての喜びです。

Tさん

中川幼稚園勤務

平成26年度 保育学科卒業

Tさん(高崎市立高崎経済大学附属高等学校出身)

私は育短が大好きです。親身になってくれる先生と、同じ夢を持つたくさんの友達と過ごした本当に楽しい2年間でした。卒業した今でも、時間が取れる日は先生方に会いに行き、情報交換をしています。同級生同士で会っても先生の話題で持ちきりです。家のような温かい場所、育短で、かけがえのない一生の友だちと先生に出会うことができました。保育士3年目。体力を使う仕事ですが、子どもたちの笑顔を見ると疲れは一瞬で吹き飛んでしまいます。「先生に会えなくなるのは嫌だ」と言ってくれる子どもたちのために、今私ができることを精一杯してあげたいです。

子どもたちのがんばりに いつも勇気をもらっています。

Mさん

立石保育園勤務

平成21年度 保育学科卒業

Mさん(前橋育英高等学校出身)

保育士になって9年目ですが、今でも育短と繋がりがあります。当時指導してくださった先生とは、同じ同窓会のメンバーなのでよく相談に乗ってくれますし、他の先生方も研究室に行けば温かく迎えてくれます。その時だけじゃない繋がりが持てる育短は、今でも本当に心強いと思います。保育士の醍醐味は、子どもたちの成長を間近で見られること。最初はできなかったことが、気づくと当たり前のようにこなしてしまう子どもたちを見ていつも驚かされます。卒園した子どもたちにも会う機会があります。その元気な姿を見ることが、保育士として嬉しく思う瞬間です。

ページトップへ戻る